費用と負担

不妊治療にかかる費用について

子供が欲しいのにできないという夫婦の苦しさは本当に辛いものがある。少しでも望みがあるのならばどんな検査も治療もしようというのが夫婦の望みであろう。 不妊治療にはどうしても高額の費用がかかってしまうのです。 不妊治療に入る前に検査をしてどこにも異常がないとなれば、妊娠する可能性があるのです。安心して不妊治療に進むことが出来ます。 不妊治療の費用は高額だというイメージがありますが、人工授精までは健康保険が適用になります。 治療は、タイミング法、人口受精、そして体外受精となります。健康保険を使うことができないのが体外受精となります。 それぞれの不妊治療の一回の費用は、タイミング法は、3000円から8000円、人工授精は、1万円から3万円が相場となります。体外受精は、25万円から50万円となります。 この値段の開きは、病院の設備や関わるスタッフの違いのためです。

子供が授かるまでの夫婦の負担について

不妊治療を始めることになった夫婦にとっては、その費用が一体いくらになるか妊娠するまでわからないということになってしまうのです。 タイミング法は比較的費用は安くすむのですが、それで妊娠しなかった場合には人工授精に踏み切ることになります。人工授精をしたからといって妊娠するとは限りません。回数を重ねるたびに費用がかかることになってしまうのです。 体外受精では、ますます負担に拍車がかかることになります。 日本では、不妊治療に支払う合計金額は130万円ほどになると言われています。これだけの費用をかけたからといって、必ず妊娠するという保証もないのです。 むしろ、お金が続かないために不妊治療をあきらめてしまう夫婦もいるのです。 治療を受けている場合は、国からの助成金を受け取ることも可能です。住んでいる地域によって支給の仕方が変わるので確認することも必要です。

不妊治療と体外受精

不妊治療は普通4~6回、行っても駄目なら体外受精に踏み切った方がいいと言われています。また不妊治療を受ける夫婦は年々増えていて晩婚化が進めば更に増える可能性があります。

治療を受ける

不妊治療は多くの人が知っているものですが、具体的にはどのような治療法が行われるのか知る人は多くありません。問診や検査で不妊の原因を特定し治療を行なっていきます。不妊治療は婦人科や産婦人科で行われるものです。

妊娠と年齢

高齢不妊とは、年齢を重ねることで起こる不妊症状です。40歳い前後の女性が経験することが多いです。高襟不妊でも妊娠の可能性はあるので、諦めずに具体的な治療法について調べて行くことが大切です。

成功率を知る

体外受精を行うことによって、人工的に妊娠をすることが出来ます。また、妊娠する可能性は10%になっているので、1回で成功できると期待せずに、何回か行うことが重要であると言えます。

妊娠を望むなら

妊娠を望む人は妊活といって妊娠しやすい体を作っていくことを行なうことがあります。ストレスを溜めないような生活や、食生活を整えることを中心に行なっていきます。妊娠しやすい体を作る効果のあるサプリメントも販売されています。